美白化粧品ランキング

MENU

「美白化粧品によって綺麗なシミのない肌になる」

シミのない肌になるにはどうしたらいいか

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ

女性なら誰もがシミのない肌にあこがれるものです。それは年齢を重ねれば重ねるほどシミが増えてくると感じるのでそうかもしれません。シミの対策を自分でしているつもりでもなかなか効果があらわれないと感じる人も多いかもしません。どうすればよいのでしょうか。シミは一度できてしまったらけすことができないと考えて、隠すことを考える人もいるかもしれません。

 

しかしファンデーションで隠しても限界があるのです。またいつまでも上手に隠すことは難しいかもしれません。シミが濃くなればなるほどファンデーションが厚塗りになってしまい不自然なメイクになってしまいかねません。まず肌にあるシミについてよく知ることが必要かもしません。実はシミにも色々な種類があるので、それにあったシミの対策を取らなければならないのです。

 

シミの種類は6種類から10種類ほどあるといわれています。医学的にいうと老人性色素斑、脂漏性角化症、雀卵斑、炎症性色素沈着、肝斑、花弁上色素斑などが一般的にシミといわれるものです。そのうちの老人性色素斑、雀卵斑、炎症性色素沈着、肝斑の四つは美白化粧品で効果があらわれます。しかしそのほかは別の対策によって美白する必要があります。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ

 

 

それにはレーザー治療でシミを消す方法もあります。美容皮膚科や皮膚科でレーザーを用いてシミを取ります。今ではレーザーの種類も増えているのでその人のシミにあったレーザーを選ぶことができるようです。レーザーで当たっている時間は短くさほど痛みもないようで、費用も現在は安くなってきているのでレーザー治療をする人も多くいます。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ

美白化粧品で治せるシミはどのようなものなのでしょうか。老人性色素斑は日焼け記憶じみとも言われるもので、若い時に紫外線対策を怠っている人に多く合あらわれるシミで、骨格の高いところにできるシミです。歳を重ねるごとに出てくるので老化現象の一つとも考えられているようです。

 

これには早めの対策が必要となってきます。紫外線をカットする化粧品を日ごろからつけておくことが大切です。時間がたってしまって真皮まで定着してしまっているシミには美白成分は効果がないかもしれません。雀卵斑はソバカスといわれるもので、主に目の下にできる細かなシミです。

 

これは遺伝的なもので思春期の時期に紫外線などの影響で広がったり濃くなったりします。メラニンの生成を制御する美白化粧品である程度薄くすることは出来ますが、完璧になくすことは難しいです。炎症性色素沈着は肌荒れ記憶じみといわれるもので、過去の皮膚の炎症や傷が色素沈着となってシミになるというものです。

 

ニキビ跡や傷跡が茶色くなってシミになります。これにはビタミンC誘導体という美容成分が肌の透明感を引き出して艶のある肌へしてくれるのでその成分が多く含まれる化粧品を使用することができるでしょう。肝斑はぼんやりじみといわれるもので、目の下に左右対称にぼんやりと現れるシミで、灰色や茶色などの色があります。

 

肝臓の形に似ていることからこの名前が付きましたが、肝臓機能とは無関係のようです。メラニンの抑制を抑える成分を含む美白化粧品を用いることで、肌の透明感を引き出せます。トラネキサム酸はメラニン色素の生成を支持する伝達物質を止める働きをするので、それを用いることもできます。それらのシミは薬局に置いてあるシミ取りクリームで対処しようと思うかもしれません。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ

 

それらはピンポイントで塗るタイプのもので、シミが薄いうちに塗る必要があります。ハイドロキノンという成分が含まれていれば、対処することができるかもしません。しかし美白化粧品を使うことによって、他にも肌に良い成分が含まれているので、効果は大きいといえます。

 

美白化粧品に含まれる成分によって、薄く目立たなくくさせることができますし、またこれからできるシミに対しても予防することができるのです。毎日美白化粧品でケアをすることによってシミの見えなく肌に戻することができるのです。今人気の美白化粧品にはどんなものがあるのでしょうか。ランキングの1位から3位までの商品を紹介します。

 

美白化粧品のランキング

ビーグレン

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ

 

美白化粧品のランキングの1位はビーグレンの化粧品です。アメリカ医療界の浸透テクノロジーの第一人者である、ブライアン・ケラーという人が開発し作った独自の浸透テクノロジーがQuSomeRです。そのQuSomeRと技術を応用して作ったのがスキンケアのビーグレンです。「QuSomeR」によって必要なところに必要な成分を必要な分だけ届けることに成功しました。

 

QuSomeRの粒子の大きさはナノサイズで、針の先にQuSomeRが50個ほど収まるほどの小さなものです。その成分を丈夫なカプセルに包み込み、クリームやローションゲルに配合しているので、敏感肌にも優しいものとなっています。ビーグレンの製品の容器の中には何十億個ものQuSomeRのカプセルが入っているということになります。これらが肌の深部にまで浸透し、ダメージのある場所に密着して肌の悩みを解決します。

 

QuSomeRをスキンケア製品に採用する4つのメリットがあります。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ1つ目は肌になじみやすいので、早く効果ができるという点です。水溶性と油溶性との成分を交互に重ね合わせているので、美容成分を同時に届けて早い効果をあらわすことができます。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ2つ目に安定的に効果を発揮するという点があげられています。美容成分をQuSomeRの粒子を含んでいるカプセルに含めることによって肌への刺激を軽減しているので、安定的に効果を提供できます。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ3つ目としては必要としている場所に、的確に届くという点があげられます。このQuSomeRの成分は皮脂に近い成分で包み込んでいるので、肌に浸透しにくいとされている成分までも角層の奥までも浸透させることができています。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ4つ目の点は、必要な場所に届いたらそこにしっかり留まり、効果をそこで持続的に発揮します。スローリリース機能によって何層にわたっても包み込まれた成分で徐々に放出することができるので、長時間効果を持続させることができるのです。ビーグレン製品はこれのメリットに目を向け作られた製品です。

 

ビーグレンは女性の肌を考えることは、女性のしあわせを考えることであると考えているようです。単なるスキンケアのブランドとは異なっており、皮膚科学が進化するなかで、それらの技術や見つけ出した浸透テクノロジーとの相乗効果により肌のしあわせを実現し提供しています。使う人一人一人の肌の悩みに誠実に向かい合いとして、ひとりひとりに合った効果的な成分を包み込み、効果を示せるよう力を入れています。日本人女性の肌に合った製品を目指して作られています。

 

これらの効果により、肌が若返るのが可能となっているのです。かつてない発想と革新的なテクノロジーによって、美しさや輝きを提供することができています。

 

 

サエル

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ

 

2位はサエルの化粧品です。敏感肌の人は何やっても効果があらわれるのが遅かったり、効果がないと感じる人は多いのではないでしょうか。特に美白効果については効果がないと感じる人は多いようです。それは敏感肌の人は、肌の潤いが逃げやすいということや、肌が刺激に弱くシミやくすみになりやすいということがあげられます。敏感肌の人は、白い透明感のある肌になることは出来ないのでしょうか。それを実現しようとしたのが、サエルの製品です。

 

サエルは敏感肌微核の独自の理論により製品を完成させました。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ1つ目として、肌を刺激や紫外線からバリアしながらセラミドケアで透明感をアップさせるようにしました。乱れた角層を特許応用技術であるヴァイタサイクルヴェールRによって守ります。敏感肌で弱ってしまったバリア機能をヴァイタサイクルヴェールRが代わりにサポートします。そしてセラミドの4倍の浸透力を持つセラミドナノスフィアによって徹底的に保湿を行います。また白様雪Rによってアシルセラミドの産生をサポートします。アシルセラミドは肌の水の層をきれいに並べる役目をします。その配列が乱れてしまったものをまっすぐに整え、内側から輝く透明感をもたらせるようにします。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ2つ目の理論としては、美白成分が届くように3つの天然成分で土台作りをします。コウキエキスによって、外部の刺激によって発生した敏感肌特有の揺らぎを抑制、メラノサイト刺激因子を抑制します。ムラサキシキブエキスによって抗酸化スーパーオキシド分解やフリーラジカルの消去、活性酸素によるダメージ抑制を行います。アルニカエキスによって抗炎症や血行促進のはたきを促します。

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ3つ目の理論としては、メラニンを4つのポイントで徹底的にケアを心がけます。チロシンとチロシナーゼが合体するメラニンとなってしまうので、メラニン生成前にオリジナル成分のエスクレシドによってチロシンキナーゼの発生を抑えたり、アルブチンによってチロシンを寄せ付けないようにします。

 

メラニンは、表皮細胞に渡されることで外から見えるシミとなりますが、セイヨウノコギリソウエキスによって表皮細胞にメラニンが受け渡されるのを抑制します。メラニンには肌色のフェオメラニンと黒色のユーメラニンがありますが、デイリリー花発酵液はメラニンが生まれる際に肌色のメラニンにするように促進させる物質をサポートします。

 

チロシンとチロシナーゼは合体を繰り返すことで酸化して黒色になりますので、ムラサキシキブエキスによってメラニンの参加を抑制したり、ビタミンC誘導体によって黒くなったメラニンを白いチロシンとチロシナーゼの状態に還元します。サエルは香りにもこだわっています。香りも成分の一つと考え、心も美しくあるよう促してくれます。

 

 

HANAオーガニック

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ

 

3位はHANAオーガニックの化粧品です。人間の体や心には未知の力があります。それはまだまだ解明されていないものも多いのです。目に見えている部分のわかりやすい機能だけ、一部の成分だけ、簡単なケアだけでは、肌の不調や悩みの解決にはならないと気づき始めました。

 

ホリスティックに体や肌の声を聞きケアすることが大切であることが問題解決には必要であると考えたようです。本当の私たちは、もっともっと美しいのではないかと考えて、本来の美しさを探し始めました。その本来の美しさに気づいた時から動き始めます。HANAオーガニックのHANAは女性を意味し、オーガニックは自然、あるがままの姿を現しています。本来の来の美しさを最大限に出すためのホリスティックケアです。

 

現代の環境で受けるダメージからの解放を行う浄化に関するケアは、まずHANAオーガニックのクレンジングや洗顔料、全身シャンプーでケアを行います。紫外線や汚染物質、酸化した皮脂や悪玉菌の繁殖、ストレスなど肌に影響を与えるものが多いので、その日のうちにリセットすることが老化を進ませないカギといえるでしょう。

 

花精油や直物の力を借りて、夜の睡眠中に肌が持っている本来の再生能力や自然治癒力を最大限に用いて心と体の浄化ケアを行います。またホリスティックな浄化も行います。常在菌にダメージを与えないように洗浄成分に気を付けている石鹸や、植物由来の洗浄剤を用いています。

 

日中に受けているダメージに抗酸化成分を用いて酸化ダメージを取り除きます。また花精油の香りによってストレスを減らし、交感神経優位な状態に緩めることも行えるので、体も心もクリアになることができます。

 

もう一つの大事なステップは、還元に関するケアです。これは本来の力を取り戻せるように助けます。HANAオーガニックの化粧水、乳液、そして全身のトリートメントで行うことができます。人は寝ている間に細胞の修復と再生を行っています。日中は、交感神経が活発に働き緊張している状態で、夜の時間には副交感神経の働きによって、心も体も緩められ血液をいきわたらせて栄養と酸素を届けることによって本来の細胞の力を回復させているのです。

 

その時に化粧水や乳液、全身トリートメントによって微弱炎症や免疫力の低下を抑えて、肌本来の力を後押して還元させるケアを行っています。ホリスティックな還元として、オーガニックローズやバイオエコリア、ビルベリーなどの機能性植物成分を配合している化粧水、乳液が肌の表面にいる善玉菌を増やしてバリア機能を高めます。また肌内部のストレスも低下させます。それらの製品の香りからも副交感神経が優位な状態まで導くので、リラックスでき効果を高めます。

 

 

上記以外にも美白化粧品は沢山あります。これの美白化粧品の中から自分に合う美白化粧品を探しましょう。人それぞれ肌の状態は違うので、他の人にあったとしても自分には合わないかもしれません。成分を見てみてあう成分なのか確かめたり、トライアルなどを用いたり試してみたりすることによって一番あう美白化粧品を探してみましょう。

 

 

美白化粧品ランキング|美白化粧品徹底解説ナビ

更新履歴