美白になるためにはシミをしり保湿を十分におこなう

MENU

美白になるためにはシミをしり保湿を十分におこなう

美白になるために今の肌の状態・シミを知る

 

美白になるためにはシミをしり保湿を十分におこなう

美白を目指すにはまず自分の持っているシミについて正しく理解する必要があります。シミの種類は6種類から10種類ほどあるといわれていますので、まず肌にあるシミがどういうシミなのか知ることは大切といえるでしょう。それによって対策方法は変わってくるのです。

 

医学的にいうと老人性色素斑、脂漏性角化症、雀卵斑、炎症性色素沈着、肝斑、花弁上色素斑などが一般的にシミといわれるものです。そのうちの老人性色素斑、雀卵斑、炎症性色素沈着、肝斑の四つは美白化粧品で効果があらわれます。しかしそのほかは別の対策によって美白する必要があります。

 

老人性色素斑は日焼け記憶じみとも言われるもので、若い時に紫外線対策を怠っている人に多く合あらわれるシミで、骨格の高いところにできるシミです。歳を重ねるごとに出てくるので老化現象の一つとも考えられているようです。これには早めの対策が必要となってきます。紫外線をカットする化粧品を日ごろからつけておくことが大切です。

 

時間がたってしまって真皮まで定着してしまっているシミには美白成分は効果がないかもしれません。雀卵斑はソバカスといわれるもので、主に目の下にできる細かなシミです。これは遺伝的なもので思春期の時期に紫外線などの影響で広がったり濃くなったりします。メラニンの生成を制御する美白化粧品である程度薄くすることは出来ますが、完璧になくすことは難しいです。

 

炎症性色素沈着は肌荒れ記憶じみといわれるもので、過去の皮膚の炎症や傷が色素沈着となってシミになるというものです。ニキビ跡や傷跡が茶色くなってシミになります。これにはビタミンC誘導体という美容成分が肌の透明感を引き出して艶のある肌へしてくれるのでその成分が多く含まれる化粧品を使用することができるでしょう。

 

肝斑はぼんやりじみといわれるもので、目の下に左右対称にぼんやりと現れるシミで、灰色や茶色などの色があります。肝臓の形に似ていることからこの名前が付きましたが、肝臓機能とは無関係のようです。メラニンの抑制を抑える成分を含む美白化粧品を用いることで、肌の透明感を引き出せます。トラネキサム酸はメラニン色素の生成を支持する伝達物質を止める働きをするので、それを用いることもできます。

 

厚生労働省認可の美白成分を知ることによって美白を目指すことができます。これらは期待する働きや安全性が認められているので安心して使うことができるといえるでしょう。しかし、すべての美白化粧品に含まれているという訳ではないので、知っていないと選ぶということも難しくなってきます。

 

美白成分はメラニン色素を作る過程を阻止する働きをしてくれるので、どの美白成分を配合するかによってメラニン生成を阻止するタイミングが違ってきます。それは化粧品に含まれる美白成分によって違ってくるという点でもよくして多く必要があります。

 

シミができる流れは3段階ありますが、最初の2段階に特に美白成分が効果的です。

 

美白になるためにはシミをしり保湿を十分におこなう1段階の表皮細胞からメラノサイトへの信号を出しているという段階で、その信号をブロックする美容成分であるカモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA(t-シクロアミノ酸)が含まれている美白化粧品を用いることで効果が期待できます。

 

美白になるためにはシミをしり保湿を十分におこなう2段階目のメラニンの生成が開始される段階では、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、トラネキサム酸、油溶性甘草エキス(グラブリジン)、マグノリグナン、リノール酸が含まれている美白毛用品を用いることで効果が期待できます。

 

美白になるためにはシミをしり保湿を十分におこなう3段階目はメラニン色素が表皮に出てくるという段階で、これにはD-メラノTMが含まれる美白化粧品を用いることで効果が期待できます。

 

保湿は美白になるためにも必要なこと

 

現在できているシミやくすみに対する予防についてみてきました。しかしこれからできるシミやくすみなどの対応をしなければまたできてしまい美白とは程遠いものとなってしまうことでしょう。

 

肌がきちんと保湿できていて潤っているならシミやくすみの原因となるメラニンの色素沈着をなくすことができます。また保湿ができていると紫外線などをブロックできます。美白になるために特に朝、保湿に心がけるなら透明感のあるきれいな美白の肌になることが可能となってくるでしょう。その点でビタミンC誘導体が含まれている化粧品でケアするなら保湿がきちんとでき乾燥を避けることができます。

 

他にもヒアルロン酸の2倍の保湿力があるリピジュアという保湿成分や、よく聞くコラーゲン、アルギニン、セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれている化粧品を使うことで保湿を行うことができます。

 

その点でサエルの化粧品やHANAオーガニックの化粧品、ビーグレンの化粧品がお勧めです。保湿効果が抜群で美白になれる化粧品です。

 

自分の肌にあった保湿ができる美白化粧品を選ぶ

 

どんな良い商品でも自分に合っていないといけません。自分に会った美白化粧品を選ぶという点では、これは自分で試していくしかありません。化粧品は沢山あり効果も保湿状態も一人一人違ってきます。

 

まずは焦らず時間をかけて色々試してみて自分にとってどれがあっているのか調べることが大切です。医薬部外品は医薬品のように効果が認められてはいないものの働きには期待できるというものですので、そういったものも試してみることができます。

 

何にしても、美白になるために効果的な化粧品を見つけるには時間や努力が必要であることが分かります。

都内ですとイオンショッピングセンターやイオンモールが身近な方は少ないかと思いますが、地方都市だと普段の食料品の買い物から、ショッピング含めイオンの存在感は高いと思われます。お店にもよりますが朝は7:00から夜は23:00まで営業しているところもあります。そんな生活と密着しているイオン内に銀行があったらやっぱり便利ですよね。
そんなイオン銀行はキャッシュカードとクレジットカードを一体化させた「イオンカードセレクト」を発行しており、その場合の普通預金金利はなんと0.12%(2015年10月現在)となります。この預金金利は都市銀行の定期預金10年ものと変わりません。その他イオングループ内外で使えるWAON(電子マネー)で還元するプログラムが多数あります。
生活圏内にイオンがあり、イオンをよく使われる方ならイオン銀行(イオンカードセレクト)を活用しない手はないと思います。さらに株主となれば株主優待割引3%〜を受けられるわけですから普段の生活費を節約・有効活用できますね。
イオン銀行でNISAを運用する場合、NISA対象は投資信託となります。

現在キャンペーン中で“投資信託購入手数料を100%還元(WAONポイントにて)”中。


イオン銀行で取り扱っている投資信託はなんと約240銘柄あり、証券会社の品揃えと遜色ない数となっています。ただし店舗で購入できる銘柄は30銘柄ほどでほとんどがオンラインでの申込となっています。“投資信託商品一覧” をクリックするとイオン銀行で購入できる投資信託の一覧が表示されます。カテゴリーで「インストアブランチ」をクリックすると店頭で購入できる投資信託一覧が表示されます。
さて、さすがに240銘柄となるとなにをどう選んでよいのか迷いますよね、そんな時は「NISA投信を購入際の注意点」や「NISAでできる安心の貯蓄術」でも記載したように、下記3つを思い出してください。

  • ? 手数料は0円、もしくは低いもので運営管理費(信託報酬)の低いもの
  • ? 毎月分配型ではなく、年1回
  • ? 総資産 50億円以上

現在イオン銀行ではキャンペーンでNISA口座での投資信託購入手数料100%還元していますから、ここでは運営管理費(信託報酬)の低いものに注力しましょう。
イオン銀行でNISAを運用するポイントはNISA枠(現在年間120万円)を目いっぱい活用して大きなリターンを得るというよりも、生活圏にイオンがありイオンで買い物が多い方がイオン銀行で普通預金0.12%を最大限活用しつつ、興味のある投資エリア(国内株式・海外株式・海外REIT)に月々1000円程度を積み立てるのが最適と言えます。
1000円積み立てるなら、下記投資信託銘柄がよいでしょう。信託報酬の低いものをセレクトしてあります。下記3つを積立しても月3000円なので気軽に始められますね。また運用していく中で、どうして上がったか下がったのかの検証にもなりますし今後の投資の勉強にもなります。

  • 国内株式: 野村 インデックスファンド・JPX日経400 (信託報酬0.43%)
  • 海外株式: SMT グローバル株式インデックス・オープン (信託報酬0.54%) 
  • 海外REIT:  SMT グローバルREITインデックス・オープン (信託報酬0.59%)

旦那さまがもし証券会社の口座をお持ちなら、「イオン」株を購入してさらに株主優待割引を得ることも可能です。旦那さまのNISAは証券会社で運用して、奥様のNISAはイオン銀行で投資信託の積立が一番よいパターンじゃないでしょうか?

イオン銀行のNISA口座はコチラ

イオン銀行のNISA

 

美白になるためにはシミをしり保湿を十分におこなう

関連ページ

美白化粧品には副作用がある
美白化粧品は良い要素ばかりじゃないって本当?白くてきれいな肌に憧れる女性におすすめの美白化粧品の注意しておきたい副作用について解説しています。
美白に見えるメイクをするには
メイクの方法によっても思い通りの白い肌を演出出来ちゃうって本当?美白に見えるメイクの方法はどうすれば良いのか、わかりやすく解説しています。
美白になるためにトラブルをさける
きれいな白い肌を手に入れたいけど、美白化粧品のこんなところに注意したい!美白のための化粧品の使用で気をつけたい、トラブルについて解説しています。
ニキビの跡があると美白にはなれないのか
ニキビ跡は女性の容姿にとって大きなマイナスポイントですよね!ニキビの跡があると美白にはなれないのか、ニキビ跡と美白の関係についてわかりやすく解説しています。
日焼け後はどのようにケアできるか
紫外線も美しい白い肌を望む女性にとって大きな問題ですよね!日焼けあとをどのようにケアすればきれいに見えるのか、わかりやすく解説しています。