美白になるためにトラブルをさける

MENU

美白になるためにトラブルをさける

美白化粧品のトラブル

 

美白になるためにトラブルをさける

美白化粧品によってもたらされてたトラブルはまだ記憶に新しいかもしれません。美白化粧品を使用した人が白斑被害にあったのです。それだけではなく、他の皮膚障害を起こしている人もいるという情報もあります。

 

美白化粧品は特に肌への浸透性が高いものが多いので、体質が合わないという人にとってはそういった障害を起こしかねません。すべての人に万能な美白化粧品はまだありませんので、自分にあっているものを探す必要があるといえるでしょう。どのように探すことができるのでしょうか。その中に含まれている成分についてよく調べることができます。

 

美白に効果のある成分

 

美白になるにはまずシミやくすみを知り、それに対処するための成分を知る必要があります。シミの種類は6種類から10種類ほどあるといわれていますが、主に老人性色素斑、脂漏性角化症、雀卵斑、炎症性色素沈着、肝斑、花弁上色素斑などが一般的にシミといわれるもので、そのうちの老人性色素斑、雀卵斑、炎症性色素沈着、肝斑の四つは美白化粧品で効果があらわれます。しかしそのほかは別の対策によって美白する必要があります。

 

老人性色素斑は日焼け記憶じみとも言われるもので、若い時に紫外線対策を怠っている人に多く合あらわれるシミで、骨格の高いところにできるシミです。歳を重ねるごとに出てくるので老化現象の一つとも考えられているようです。これには早めの対策が必要となってきます。紫外線をカットする化粧品を日ごろからつけておくことが大切です。時間がたってしまって真皮まで定着してしまっているシミには美白成分は効果がないかもしれません。

 

雀卵斑はソバカスといわれるもので、主に目の下にできる細かなシミです。これは遺伝的なもので思春期の時期に紫外線などの影響で広がったり濃くなったりします。メラニンの生成を制御する美白化粧品である程度薄くすることは出来ますが、完璧になくすことは難しいです。炎症性色素沈着は肌荒れ記憶じみといわれるもので、過去の皮膚の炎症や傷が色素沈着となってシミになるというものです。ニキビ跡や傷跡が茶色くなってシミになります。

 

これにはビタミンC誘導体という美容成分が肌の透明感を引き出して艶のある肌へしてくれるのでその成分が多く含まれる化粧品を使用することができるでしょう。肝斑はぼんやりじみといわれるもので、目の下に左右対称にぼんやりと現れるシミで、灰色や茶色などの色があります。

 

肝臓の形に似ていることからこの名前が付きましたが、肝臓機能とは無関係のようです。メラニンの抑制を抑える成分を含む美白化粧品を用いることで、肌の透明感を引き出せます。トラネキサム酸はメラニン色素の生成を支持する伝達物質を止める働きをするので、それを用いることもできます。

 

美白成分はメラニン色素を作る過程を阻止する働きをしてくれるので、どの美白成分を配合するかによってメラニン生成を阻止するタイミングが違ってきます。それは化粧品に含まれる美白成分によって違ってくるという点でもよくして多く必要があります。シミができる流れは3段階ありますが、最初の2段階に特に美白成分が効果的です。

 

美白になるためにトラブルをさける1段階の表皮細胞からメラノサイトへの信号を出しているという段階で、その信号をブロックする美容成分であるカモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA(t-シクロアミノ酸)が含まれている美白化粧品を用いることで効果が期待できます。

 

美白になるためにトラブルをさける2段階目のメラニンの生成が開始される段階では、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、トラネキサム酸、油溶性甘草エキス(グラブリジン)、マグノリグナン、リノール酸が含まれている美白毛用品を用いることで効果が期待できます。

 

美白になるためにトラブルをさける3段階目はメラニン色素が表皮に出てくるという段階で、これにはD-メラノTMが含まれる美白化粧品を用いることで効果が期待できます。

 

トラブルを起こしかねない成分

 

上記であげた美白成分によってトラブルを起こしかねないのです。

 

美白になるためにトラブルをさけるハイドロキノンによるトラブルはつけすぎると美白効果の高さから、つけた部分が白く色が抜けたようになってしまうという点があり、またアレルギーやかぶれなどを起こすこともあるようですので注意が必要です。また発がん性が疑われるのでヨーロッパでは禁止になっている成分ですので、トラブルに注意が必要といえるでしょう。

 

ビタミンCの成分は副作用というよりは水溶性なので一定量しか吸収されないという難点があります。直接レモンなどを付けると酸化して日焼けを招いて肌トラブルになるという副作用もあるので注意が必要です。

 

コウジ酸は天然成分なので、参加しやすく成分が安定しなく腐食するというトラブルもあります。以前は発がんリスクあり判断されていましたが、現在では発がんリスクなしとなっている成分です。アルブチンやエラグ酸、ルシノールは副作用というよりはハイドロキノンより高い効果が得られず、できてしまっているシミに対しては効果がないという点があげられます。

 

トラネキサム酸はもともと止血用に用いられていた成分ですので、血栓症など血栓ができやすい人は使用することを控える必要があります。命に係わるトラブルを招きかねないといえるでしょう。他の成分にもそれぞれ副作用があるので注意して使用することができます。どれだけ使用するか、自分に合っている成分なのかよく試して使用することができます。

 

かゆみがあったり、赤くなるなどの反応を示すならすぐに辞めることが必要です。その点でサエルの化粧品やHANAオーガニックの化粧品、ビーグレンの化粧品は安心できる化粧品でおすすめです。自分にあっている化粧品を探すのは大変ですが、肌トラブルにならないためにも必要な努力といえるでしょう。

 

 

美白になるためにトラブルをさける

関連ページ

美白化粧品には副作用がある
美白化粧品は良い要素ばかりじゃないって本当?白くてきれいな肌に憧れる女性におすすめの美白化粧品の注意しておきたい副作用について解説しています。
美白になるためにはシミをしり保湿を十分におこなう
美しい白い肌を自分のモノにするには、これがおすすめ!シミのことをよく知って保湿を十分に行うという美白のポイントについてわかりやすく解説しています。
美白に見えるメイクをするには
メイクの方法によっても思い通りの白い肌を演出出来ちゃうって本当?美白に見えるメイクの方法はどうすれば良いのか、わかりやすく解説しています。
ニキビの跡があると美白にはなれないのか
ニキビ跡は女性の容姿にとって大きなマイナスポイントですよね!ニキビの跡があると美白にはなれないのか、ニキビ跡と美白の関係についてわかりやすく解説しています。
日焼け後はどのようにケアできるか
紫外線も美しい白い肌を望む女性にとって大きな問題ですよね!日焼けあとをどのようにケアすればきれいに見えるのか、わかりやすく解説しています。